ページトップへ

トピックス|三重県伊勢市 工務店 住宅 大一建設

想い

テクノストラクチャーへの想い

地域住宅会社とPanasonicとの連携で家づくりをサポート

 
地域住宅会社とPanasonicとの連携で家づくりをサポート
 
 

 

 

    パナソニックビルダーズグループ

もう一つ、テクノストラクチャーを開発したパナソニックが重視しているものに、「施工品質」があります。品質、工法がしっかりしており、設計上での構造計算がなされていても、それを施工するハウスビルダーの腕が悪ければ、テクノストラクチャーの家は建たないからです。パナソニックが、地域の優良住宅会社であることを確認し、さらに規定の研修を受けた住宅会社だけに、テクノストラクチャー施工住宅会社として認定されます。私たちは常にそのような厳しい目にさらされることで、技術を向上させ、お客様の信頼に応えていくことを、自らに課しています。このパナソニックとの連携によって『高い施工技術と保証』とともに、かゆいところに手の届く『地域密着型の住宅会社ならではのケア』の両方を、私たちはお客様にご提供できるようになりました。

 

   テクノストラクチャーの家

 

私自身が最も惚れている工法だから、おすすめしています

 

 私が大一建設の家づくりの根幹の成すものとして、テクノストラクチャーを選んだのは、技術者としての目から見て、文句なしに優れた工法だと思うことがひとつ。そしてもうひとつは、そこに流れている精神の素晴らしさにあります。

技術というものは、それを使う人の心が伴わないと生きたものにはなりません。その点で、多くのご家族に安全で快適に住んでほしいと願うパナソニックの開発チームの思いには、嘘いつわりのない真実がこもっていると私は感じます。高い性能を誇りながら、リーズナブルな価格帯を保っているのも、多くの方に実際に使われ、愛されたいという願いからだと思います。

そんな企業の姿勢に感動し、私自身が惚れ込んで、大切なお客様の住まいをテクノストラクチャーで建てさせていただく、と決めました。分からないこと、不安なことは、どしどし聞いてください。大好きなテクノストラクチャーのこと、何度でもお客様が納得されるまでご説明いたします。

株式会社 大一建設 代表取締役 松嶋 直紀

 代表取締役 松嶋 直紀