ページトップへ

三重県伊勢市 工務店 住宅 大一建設

5_波光きらめくこの土地が好き!

波光きらめくこの土地が好き

素晴らしい土地だからこそ、そこにふさわしい家を建てたい

青い海と太陽の国・三重。太陽の女神を祭る伊勢神宮には、全国からお参りの人々が押し寄せます。地元にいる私達は、当たり前だと思っていることを、遠方からのお客様にほめていただいて、目が覚めるような思いをすることもしばしばです。

「海が近くて、おいしい魚が食べられていいよね」
「伊勢神宮には身が引き締まるような空気が流れている。そんな地に住んでいるあなた方が羨ましい」
「風景がのびのびとしていて癒される」

それって、単に田舎なだけなのでは(笑)、と思うようなことでも、お客様の顔を見るとかなり本気でおっしゃっていて、"自分達は恵まれた場所に住んでいるんだ"と、改めて思います。

せっかく地元を褒めていただいているのだから、そんな地元にふさわしい、しっかりとした、いい家を建てていかなくてはと思っています。

 

伊勢の伝統建築をテクノストラクチャーで

みなさんはお伊勢さんにお参りした後、おはらい町に足を伸ばされたことがありますか?切妻・妻入りの伝統様式のまちなみには、土産物や土地の名産品を売る店が軒を連ね、連日大勢の観光客で賑っています。

このおはらい町の商家の一軒を、先頃私達は建てさせていただきました。もちろんテクノストラクチャーで、です。テクノストラクチャーは、日本の伝統的な木造軸組工法に、テクノビームという鉄を使った梁によって、より強度をもたらすものなので、このような伝統建築にもすんなりと溶け込むのです。

私達スタッフも、職人達も張り切りました。何しろ、日本中の人たちが集まるおはらい町に、伊勢が誇る伝統建築を建てるのですから。出来ばえは・・おかげさまで、地元の皆さまにも胸を張れるものができたと思っています。おはらい町にいらしたら、覗いてみてくださいね!

伊勢の伝統的な街並みを復元したおはらい町にあるラーメン「市丸」。大一建設が、テクノストラクチャー工法で建築した。

▲伊勢の伝統的な街並みを復元したおはらい町にあるラーメン「市丸」。大一建設が、テクノストラクチャー工法で建築した。

 

一期一会の思いを大切に

私達は1975年(昭和50)から、伊勢に拠点をおいて、三重県内で家や様々な建築物を建ててきました。大手のように、次々に担当者が転勤するようなこともない私達にとって、20年前であろうと30年前であろうと、自分達が建てたり、修理したりさせていただいた建物は、ずっと愛着のある、言わば子供のようなものです。

たくさんある建設会社の中から、私達を選んでくださったお客様に対しても、やはりこれはすごい「縁(えにし)」だと思います。いままで同じ地元に住んでいても接点がなかったのが、「家」というものを通して出会い、短い間ではありますが、濃密な時間をともにするのですから。

私達を選んでくださり、私達を信用して大金を投じて家づくりを任せてくださるお客様とは、特別のご縁があるとしか思えない。一期一会の気持ちで、ぜったいに後悔のない家づくりをしていただく。それがスタッフ全員の思いです。

一期一会の思いを大切に

 モデルハウスを見学する